2005.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2005.10



2005年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

嵐の前のりぷちん

昨日、シンバっちというプチたいふーん(爆)が
来る少し前に撮ったりぷちんです♪

サイコーに可愛いワタシの王子サマ♪


CA240137no.jpg


CA240139no.jpg



で、ですね本題はココから(*≧m≦*)ププッ
NEWパソ購入のため、今晩遅くから、もしかしたらしばらくネット落ちします。すぐできたら、明日にも復帰予定。

見かけないわ~と思っても、ばててるわけじゃーありません(`・ω・´)シャキーン
スポンサーサイト

| リプリー王子@ネコ科 | 19:19 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シンバ保護を決意するまでの1時間

正直、めちゃめちゃ悩みました。
その時の大阪は、雨は降っていなくて、風もなかったのですが
明日には大雨が降るだろうことが予想されましたし、
ムスメにもワタシにもゴロゴロスリスリで、可愛いのなんの。

でも、やっぱりワタシにとってはリプリーが1番大切なのです。
誰になんと言われようと、リプリーの事を1番に考えてしまいます。

病気を気にしたのか?・・・それもありますが、1番の理由は
それではありません。
リプリーは、本当におかあにゃんっ子なのです。
ワタシがムスメやダンナと喋るのはおろか、同じ部屋で2人になるのさえも嫌がります。
テレビに夢中になっても、嫌なのです。

そして超びびり猫です。同じモノでも、違う場所に置いてあるだけで
びびってしまうような猫なのです。

隔離するといっても、リプリーは普段家中の好きなところにいけます。
どこかの部屋を締め切ると、ストレス行動に出てしまうのは
経験上分かってもいたので、それも原因の一つです。

また、リプリーは生まれたてからワタシが育てたので、他の猫という生き物を見たこともないのです。

大事なリプリーに、そこまでストレスをかけることに悩みました。

でも、もし明日、仔猫ちゃんの死体を見つけてしまったら・・・
ワタシは立ち直れないと思いました。
もちろん主人は反対です。ワタシも最後まで面倒を見ると
腹をくくらねばなりません。

家の前から離れないのです。娘が外にいたせいもあるのでしょうか。

保護しないと決断して、主人との電話を切りましたが、
すぐ思い直しまして、保護しました。
この小さい命を見殺しにすることは、到底出来ませんでした。

シンバには最高の里親サマを見つけてあげたいと思っています。

ムスメが帰ってきたとき、ワタシはリプリーと昼寝して
目覚めて、お友達のところを巡回中でした。
しばらくは、コメントなど残せないかもです。

で、昨日はリプリーを育てた記録?っていうか、
赤ちゃん猫とめぐり合った人のためになればと、
ワタシの場合の育て方なんかをまとめてみようと思ってたのです。

シンバは、もう自分でご飯も食べれるし、トイレも出来ます。
でも、1ヵ月半ぐらいの、まだまだちび猫です。

ワタシ、ここは一発頑張っちゃいますので応援してください!

余談ですが、シンバはムスメが大好きなようです(爆)

Ts290053.jpg

| シンバ | 08:20 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。